2017年08月06日

8/6「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」は予定通り開催します

8/6「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」にご参加の皆さまへ

本日8月6日の当会普及室主催の「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」は、
予定通り開催いたします。

ただし、急な雷や大雨となった場合は、観察会の途中で中断させて
いただく場合があります。
ご了承の上、おいでくださいますようお願いします。

なお、雨具をお持ちください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

公益財団法人 日本野鳥の会 普及室
普及教育グループ

posted by 野鳥ひなこ at 11:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

7/30「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」は予定通り開催します

7/30「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」にご参加の皆さまへ

本日7月30日の当会普及室主催の「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」は、
予定通り開催いたします。

ただし、急な雷や大雨となった場合は、観察会の途中で中断させて
いただく場合があります。
ご了承の上、おいでくださいますようお願いします。

皆さまにお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

公益財団法人 日本野鳥の会 普及室
普及教育グループ
posted by 野鳥ひなこ at 11:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

7/22「大磯の海でアオバトに出会う+Young探鳥会」に行ってきました。

7/22(土) 日本野鳥の会東京が開催した、
「大磯の海でアオバトに出会う+Young探鳥会」に行ってきました。

アオバトといえば、普段は深い森の中にいて、しかも全身緑色。
じっくり姿を見るのは、なかなか難しい鳥ですが、
春から秋にかけて、神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸に
群れをなしてやってくることが知られています。
今回の探鳥会は、そんなアオバトを観察するのがねらい。
集まったのは、子どもから大人まで幅広い年齢層の80名です。

当日は、JR大磯駅前に集合し、観察場所まで徒歩で移動。
移動の間も、上空をアオバトの群れが海に向かって飛んでいく様子が見られ、
期待が高まりました。

徒歩15分程で照ヶ崎海岸に到着。

RIMG0190.JPG

望遠鏡や双眼鏡の準備をしている間にも、
次々とアオバトの群れが上空を通過していき、磯の上を旋回していました。

aobato_J_hirota_san_2_small.jpg
写真:廣田純平

いよいよ観察開始です。
アオバトの群れは、波が磯にざっぱーんと打ち付けると、さっと身をひるがえし、
ほかの鳥が通ると、さっと身をひるがえし、を繰り返します。
タイミングを見計らって、無事に磯に降りたったアオバトたちは、
潮だまりに嘴をつけ、海水を飲んでいました。

aobato_J_hirota_san_1_small.jpg
写真:廣田純平

なぜ、アオバトは海岸へやってくるのか?
そんな疑問が心のなかで膨らんできたとき、
大磯町で長年アオバトの観察や調査研究をしている市民団体、
「こまたん」のみなさんが、丁寧に解説をしてくださいました。

アオバトは、丹沢の森からはるばるやってくること、
海水からミネラル分を補給しているのではないかと考えられていること、
また、オスとメス、幼鳥の見分け方から、鳴き声など、
興味深いお話を次々と披露してくださいました。

RIMG0199.JPG

はるばる遠くの森からやってきて、時に波にさらわれそうになりながらも
海水をのもうと懸命にがんばるアオバトたちをじっくり観察した探鳥会。
その美しい羽の色や不思議な生態を目の当たりにし、
すっかりアオバトの魅力にとりつかれてしまいました。

RIMG0196.JPG

アオバトについて詳しく知りたい、という方は、
9/3まで大磯町郷土資料館で開催中の
企画展示「ようこそアオバト楽会へ」がおすすめです。
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyodoshiryokan/ex/sp_ex/on_view/aobato_gakkai.html

「こまたん」のみなさんによる長年の調査研究の記録をもとに、
アオバトの不思議が紹介されています。

RIMG0222.JPG


posted by 野鳥ひなこ at 14:46| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする