2017年01月24日

1/21「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」

東京港野鳥公園(東京都大田区)で、
1月21日(土)に「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」
を開催しました。
当日は、寒波が押し寄せる寒い日となりましたが、天気は快晴。
園内から、青空を背景にした富士山がきれいに見えました。

参加された方にお話をうかがってみると…
「一人では、野鳥をみつけられなくて…」
「双眼鏡を使ったことがなくて…」
「見つけても何の鳥かよく分からないので…」
など、バードウォッチングのお悩みをお持ちの方々。

そんなみなさんを案内するのは、日本野鳥の会東京のリーダー。
長年この公園で探鳥会を行っている頼もしいリーダーたちです。

前半は、園内の東淡水池で、
冬を日本で過ごすカモの仲間を観察しました。

P1060203.JPG

カモの仲間は、開けた水面にいることが多く、
動きが少ないので、初めての方にも見やすい種類です。

まずは、リーダーたちが望遠鏡で鳥がよく見えるようにセッティング。
望遠鏡で見て、いる場所が分かったら、自分の双眼鏡で思い思いに鳥を見つけました。
慣れてくると、種による模様の違いや、目の色など細部をじっくり観察する参加者も。

kinkuro_seko.jpg

キンクロハジロ↑の目の色や頭の飾り羽のよく見えました。

また、カモを見ていると、その周りでカモとは違った動きをする野鳥が
目に入ります。カイツブリやオオバンです。
こちらも池の上にいるのでみつけやすい野鳥たちです。
カイツブリは、もぐって魚等を捕まえる鳥。
ちょっと目を離したすきにもぐってしまい、見失うと、
かなり離れた水面に姿を現すので、どこに出てくるかを予想しながら観察しました。

その後も、タカの仲間のノスリ、
草むらを出たり入ったりするジョウビタキ、モズなどをリーダーが次々に発見。

「あの台形の形の岩の右側の…」など具体的にいる場所を教えてもらいながら、
バードウォッチングは初めてという方も、
自分で双眼鏡の視野に野鳥をいれ、観察されていました。

P1060208.JPG

P1060212.JPG

最後に、その日に見られた野鳥を全員で確認したところ、
20種の野鳥がみられたことが分かりました。

このように、ビギナー向け探鳥会では、
野鳥に詳しいリーダーが丁寧にご案内しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。
1月・2月に開催予定のイベントもありますので、ぜひご参加ください。

⇒(関東)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kanto/
⇒(近畿)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kinki/

また、日本野鳥の会 東京では、都内各地で毎月探鳥会を開催しています。
こちらもどうぞご参加ください。
http://tokyo-birders.way-nifty.com/blog/2/index.html

posted by 野鳥ひなこ at 16:43| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

オホーツク支部(北海道)の女子探鳥会に参加しました

全国に90ある日本野鳥の会の支部では、
オホーツク支部の女子探鳥会や山形県支部の鳥女会(とりじょかい)、
宮崎県支部の女子会バードウォッチングなど、
女性限定の探鳥会を開催している支部がいくつかあります。

10月4日(日)、オホーツク支部の女子探鳥会に参加しました。
オホーツク支部の女子探鳥会は3年前に開始され、今回が5回目。
開催場所は網走湖の東側、呼人(よびと)半島にある「呼人探鳥遊歩道」です。

DSCN1995.JPG

参加者は18名。
春にはミズバショウが咲き誇るという湿地の木道を2時間ほど歩きました。

ハシブトガラ(黒い帽子とちょび髭が特徴)や
エナガ(北海道で見られるのは顔が白い亜種のシマエナガ)など、
小鳥がメインに見られ、「かわいいわ」とみんなでゆっくり観察しました。

ハシブトガラ:http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1718/spe171800/
エナガ:http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1716/spe171600/

探鳥会では鳥だけでなく、キノコや植物なども観察。詳しい方が教えてくださり、
あちこちでおしゃべりがすすみます。
探鳥会の後は持ち寄りのランチ会があり、何ともあたたかい雰囲気の探鳥会でした。

DSCN1976.JPG
マイヅルソウ(葉の模様が舞う鶴に見えることが名前の由来だそう)

DSCN1981.JPG
ベニテングダケ(おとぎ話に出てきそうと盛り上がりました。ただし毒キノコ)

DSCN1982.JPG
フッキソウ(真珠のような実がきれいでした)

☆オホーツク支部の探鳥会情報はこちらからご覧いただけます。
http://www.wbsj-okhotsk.org/shoukai/events.htm
どなたでも参加できますので、お気軽に訪ねてみてください。

posted by 野鳥ひなこ at 18:18| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

大阪支部のツバメのねぐら入り観察会に参加しました

今月初め、近畿地方に出張し、日本野鳥の会大阪支部が主催する
「豊中・赤坂下池ツバメのねぐら入り観察会」に参加しました。
8月5日(水)の18時から開催された平日探鳥会、
約40名の参加がありました。

赤坂下池は、住宅地の中、中学校の目の前にあります。
周りが水田だったころ、灌漑用のため池として整備されたそうで、
池の縁にヨシ原が広がっています。

DSCN1884.JPG

観察会が開始されて、30分頃経つと、何処からともなく集まってきたツバメが、
水面近くを飛び始めます。
次第に数が増え始め、19時頃になると、頭のすぐ上を飛び交い、
空高くにもツバメの点がたくさん見られるようになりました。
その数、約1万2千羽とのことです。

DSCN1903.JPG

これまで10か所くらいでツバメのねぐらを見てきましたが、
これほどツバメとの距離が近いねぐらは初めてでした。
19時20分頃になるとほぼすべてのツバメがヨシ原にとまり、
すぐ目の前のヨシで眠るツバメの姿を見ながら、終了となりました。


★そろそろ南に向けて数千キロの旅をはじめるツバメたち。
今年のツバメのねぐら入り観察会も残すところあと2つです。

・8月29日(土) 群馬県/多々良沼探鳥会(日本野鳥の会群馬主催)
http://www.geocities.jp/wbsj_gunma/tanchokai/tanchokai.html
・9月5日(土) 栃木県/藤岡・渡良瀬遊水地ツバメのねぐら入り観察会(日本野鳥の会栃木主催)
http://wbsj-tochigi.jimdo.com/探鳥会/探鳥会日程-2015-9/

お近くの方はぜひ足を運んでみてください。


posted by 野鳥ひなこ at 17:39| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする