2017年07月26日

7/22「大磯の海でアオバトに出会う+Young探鳥会」に行ってきました。

7/22(土) 日本野鳥の会東京が開催した、
「大磯の海でアオバトに出会う+Young探鳥会」に行ってきました。

アオバトといえば、普段は深い森の中にいて、しかも全身緑色。
じっくり姿を見るのは、なかなか難しい鳥ですが、
春から秋にかけて、神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸に
群れをなしてやってくることが知られています。
今回の探鳥会は、そんなアオバトを観察するのがねらい。
集まったのは、子どもから大人まで幅広い年齢層の80名です。

当日は、JR大磯駅前に集合し、観察場所まで徒歩で移動。
移動の間も、上空をアオバトの群れが海に向かって飛んでいく様子が見られ、
期待が高まりました。

徒歩15分程で照ヶ崎海岸に到着。

RIMG0190.JPG

望遠鏡や双眼鏡の準備をしている間にも、
次々とアオバトの群れが上空を通過していき、磯の上を旋回していました。

aobato_J_hirota_san_2_small.jpg
写真:廣田純平

いよいよ観察開始です。
アオバトの群れは、波が磯にざっぱーんと打ち付けると、さっと身をひるがえし、
ほかの鳥が通ると、さっと身をひるがえし、を繰り返します。
タイミングを見計らって、無事に磯に降りたったアオバトたちは、
潮だまりに嘴をつけ、海水を飲んでいました。

aobato_J_hirota_san_1_small.jpg
写真:廣田純平

なぜ、アオバトは海岸へやってくるのか?
そんな疑問が心のなかで膨らんできたとき、
大磯町で長年アオバトの観察や調査研究をしている市民団体、
「こまたん」のみなさんが、丁寧に解説をしてくださいました。

アオバトは、丹沢の森からはるばるやってくること、
海水からミネラル分を補給しているのではないかと考えられていること、
また、オスとメス、幼鳥の見分け方から、鳴き声など、
興味深いお話を次々と披露してくださいました。

RIMG0199.JPG

はるばる遠くの森からやってきて、時に波にさらわれそうになりながらも
海水をのもうと懸命にがんばるアオバトたちをじっくり観察した探鳥会。
その美しい羽の色や不思議な生態を目の当たりにし、
すっかりアオバトの魅力にとりつかれてしまいました。

RIMG0196.JPG

アオバトについて詳しく知りたい、という方は、
9/3まで大磯町郷土資料館で開催中の
企画展示「ようこそアオバト楽会へ」がおすすめです。
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyodoshiryokan/ex/sp_ex/on_view/aobato_gakkai.html

「こまたん」のみなさんによる長年の調査研究の記録をもとに、
アオバトの不思議が紹介されています。

RIMG0222.JPG


posted by 野鳥ひなこ at 14:46| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

1/21「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」

東京港野鳥公園(東京都大田区)で、
1月21日(土)に「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」
を開催しました。
当日は、寒波が押し寄せる寒い日となりましたが、天気は快晴。
園内から、青空を背景にした富士山がきれいに見えました。

参加された方にお話をうかがってみると…
「一人では、野鳥をみつけられなくて…」
「双眼鏡を使ったことがなくて…」
「見つけても何の鳥かよく分からないので…」
など、バードウォッチングのお悩みをお持ちの方々。

そんなみなさんを案内するのは、日本野鳥の会東京のリーダー。
長年この公園で探鳥会を行っている頼もしいリーダーたちです。

前半は、園内の東淡水池で、
冬を日本で過ごすカモの仲間を観察しました。

P1060203.JPG

カモの仲間は、開けた水面にいることが多く、
動きが少ないので、初めての方にも見やすい種類です。

まずは、リーダーたちが望遠鏡で鳥がよく見えるようにセッティング。
望遠鏡で見て、いる場所が分かったら、自分の双眼鏡で思い思いに鳥を見つけました。
慣れてくると、種による模様の違いや、目の色など細部をじっくり観察する参加者も。

kinkuro_seko.jpg

キンクロハジロ↑の目の色や頭の飾り羽のよく見えました。

また、カモを見ていると、その周りでカモとは違った動きをする野鳥が
目に入ります。カイツブリやオオバンです。
こちらも池の上にいるのでみつけやすい野鳥たちです。
カイツブリは、もぐって魚等を捕まえる鳥。
ちょっと目を離したすきにもぐってしまい、見失うと、
かなり離れた水面に姿を現すので、どこに出てくるかを予想しながら観察しました。

その後も、タカの仲間のノスリ、
草むらを出たり入ったりするジョウビタキ、モズなどをリーダーが次々に発見。

「あの台形の形の岩の右側の…」など具体的にいる場所を教えてもらいながら、
バードウォッチングは初めてという方も、
自分で双眼鏡の視野に野鳥をいれ、観察されていました。

P1060208.JPG

P1060212.JPG

最後に、その日に見られた野鳥を全員で確認したところ、
20種の野鳥がみられたことが分かりました。

このように、ビギナー向け探鳥会では、
野鳥に詳しいリーダーが丁寧にご案内しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。
1月・2月に開催予定のイベントもありますので、ぜひご参加ください。

⇒(関東)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kanto/
⇒(近畿)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kinki/

また、日本野鳥の会 東京では、都内各地で毎月探鳥会を開催しています。
こちらもどうぞご参加ください。
http://tokyo-birders.way-nifty.com/blog/2/index.html

posted by 野鳥ひなこ at 16:43| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

オホーツク支部(北海道)の女子探鳥会に参加しました

全国に90ある日本野鳥の会の支部では、
オホーツク支部の女子探鳥会や山形県支部の鳥女会(とりじょかい)、
宮崎県支部の女子会バードウォッチングなど、
女性限定の探鳥会を開催している支部がいくつかあります。

10月4日(日)、オホーツク支部の女子探鳥会に参加しました。
オホーツク支部の女子探鳥会は3年前に開始され、今回が5回目。
開催場所は網走湖の東側、呼人(よびと)半島にある「呼人探鳥遊歩道」です。

DSCN1995.JPG

参加者は18名。
春にはミズバショウが咲き誇るという湿地の木道を2時間ほど歩きました。

ハシブトガラ(黒い帽子とちょび髭が特徴)や
エナガ(北海道で見られるのは顔が白い亜種のシマエナガ)など、
小鳥がメインに見られ、「かわいいわ」とみんなでゆっくり観察しました。

ハシブトガラ:http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1718/spe171800/
エナガ:http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1716/spe171600/

探鳥会では鳥だけでなく、キノコや植物なども観察。詳しい方が教えてくださり、
あちこちでおしゃべりがすすみます。
探鳥会の後は持ち寄りのランチ会があり、何ともあたたかい雰囲気の探鳥会でした。

DSCN1976.JPG
マイヅルソウ(葉の模様が舞う鶴に見えることが名前の由来だそう)

DSCN1981.JPG
ベニテングダケ(おとぎ話に出てきそうと盛り上がりました。ただし毒キノコ)

DSCN1982.JPG
フッキソウ(真珠のような実がきれいでした)

☆オホーツク支部の探鳥会情報はこちらからご覧いただけます。
http://www.wbsj-okhotsk.org/shoukai/events.htm
どなたでも参加できますので、お気軽に訪ねてみてください。

posted by 野鳥ひなこ at 18:18| 探鳥会参加報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする