2017年07月14日

日本野鳥の会東京 新浜探鳥会に参加しました

7月9日(日)、日本野鳥の会東京と、千葉県野鳥の会、
NPO法人行徳野鳥観察舎友の会が共催の、「新浜探鳥会」に
参加してまいりました。
私は当会で勤務をはじめてから、初めての定例探鳥会の参加で
緊張しましたが、いざ参加すると終始リーダーさん、参加者の方々と
楽しく過ごすことができました。

集合場所では、はじめにリーダーさんから今回の開催地
「行徳鳥獣保護区」とその周辺の地域の歴史について教えて
いただきました。
周りの方々と話しながら住宅街の中を歩くと、いきなり
行徳鳥獣保護区が現れました。
作られてから何十年も開発されずに残った土地なので、まるで別世界です。

IMGP0174.JPG

探鳥会をしていて盛り上がった鳥のひとつがアマサギ。
1人のかたが見つけると、望遠鏡を持った方が次々とアマサギの様子を
回りの方々に見せてくださいました。
ほかにも、「一人で歩いていたら、絶対に気づかなかっただろうなあ…」と
思うような野鳥を次々教えていただき、とてもありがたかったです。

リーダーさんは野鳥以外の生きものも詳しい方が多く、
何種類ものトンボやたくさんのクロベンケイガ二、トビハゼなどが
観察できました。
リーダーさんから実施場所の歴史を分かりやすく面白く教えて
いただいたので、観察した生きものたちにも、さらに親しみがわきました。

IMGP0178.JPG

IMGP0180.JPG

最後は鳥合わせと、リーダーのかたがたからのお知らせを
していただき、解散となりました。

★全国に90ある日本野鳥の会の支部では毎月、さまざまな場所で
 探鳥会を実施しています。
 (https://www.wbsj.org/about-us/group/tanchokai/
 野鳥の会の会員でなくても、どなたでも参加できますので、
 ぜひ足を運んでみてください!

posted by 野鳥ひなこ at 18:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

野鳥の子育て応援キャンペーン ポスター配布中です!

先日、通勤中に頭上から鳥の声が聞こえてきたので見上げてみると、
電信柱の変圧器の下にスズメが一羽とまっていました。
そのまま見ていると、スズメはするっと変圧器の中へ。
きっと、そこに巣を作ろうとしているのでしょう。

春から夏は、多くの野鳥たちの子育ての季節。
スズメの他にも、シジュウカラ、メジロやヒヨドリなど、
私達の身近な場所でも多くの鳥たちが巣を作ります。

卵からかえり、2-3週間たつと、ヒナは親鳥と同じくらいの
大きさまで育ち、巣立ちます。
巣立った後、ヒナたちは、親鳥と一緒に行動しながら、
餌のとり方や危険の回避の仕方などを学んでいくのです。

そんなとき、まだ上手に飛べないヒナは、地面に降りてしまうこともあります。
人から見ると、「地面に落ちているヒナ」と見えるかもしれませんが、
そばで親鳥がみまもっていることがあります。
われわれ人は、そっとその場を離れることをおすすめします。

「巣立った後のヒナはひろわないでそのままに」
このことを多くの方に伝えたいと、
日本鳥類保護連盟、野生動物救護獣医師協会と当会は、
毎年ポスターをつくって、みなさんに広く呼びかけています。

今年のポスターの主役は、メジロのヒナ!

ヒナポス2017_B3_low.jpg

B3判(約52×35p)のポスターです。
掲示にご協力いただける方には、無料でお届けします。
くわしくは、こちらのページをご覧ください。

野鳥の子育て応援キャンペーン
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします

※巣立ち前に巣から落ちたヒナについては、
もし、巣の位置が分かる場合は巣に戻す、
ほおっておけない場合は、都道府県の鳥獣保護担当の方へ連絡するなどの
対応もあります。こちらもあわせてご覧ください。
http://www.birdfan.net/about/faq/find_hina.html

posted by 野鳥ひなこ at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

6日間の研修を終えて〜大学生のインターン日誌E

桜美林大学のインターシップ生のKです!

1/18から始まり、計6日間の短いインターンシープでしたが、
一回一回に学ぶことがとても大きく新鮮でした。
おのずと考えさせられたり、たくさんの考え方を得ることができました。

今回の日本野鳥の会でのインターンシップで学んだこと、
印象を受けたことは、特に以下の3点です。

・最初から野鳥に詳しくないと職員になれないのかと思っていたが、
 全員が全員そうだということではなかった。
 (編集やウェブなど技術的な部署もあり、活動を通して鳥を知ろうと
  努める方々もいらっしゃった)

・会員、一般の方、各支部といった幅広い人々への
 「伝え方」が大切だということ。
 (どうやって活動を知ってもらうかなどの方法、
  些細な言葉の使い方やニュアンスなど)

・探鳥会を開催されている支部の方々はボランティアで、
 普段は別に本職があるということ。

私も来年度、今回のインターンシップについて
大学の後輩の代に向けて発表をする機会があります。
その時に向けて、「どのように伝えるか」をよく考え、
インターンシップで学べることの大きさを知ってもらうつもりです。

今回のインターンシップでは野外での体験的な研修が多かったため、
実際に目で見たことや話を聞いたことの一つ一つが強く印象に残りました。
また、たくさんの社会経験を得る機会だったとも思っています。

貴重な時間を割いて、6日間ご指導してくださった本部普及室の皆さま、
リーダーズフォーラムで幅広い知見を得る機会をくださった各支部の皆さまに
心より感謝を申し上げたいと思います。

そして、慣れない拙い文章ではありましたが、
私の記事を読んでくださりありがとうございました!


posted by 野鳥ひなこ at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする