2018年01月31日

1/27「はじめてのバードウォッチング講座」を開催しました。

これからバードウォッチングを始めようとする方に向けて、
「はじめてのバードウォッチング講座」を開催しました。

フィールドは、目黒区の都立林試の森公園です。
普段は、都立東京港野鳥公園で野鳥の解説や調査に携わる
菅野レンジャーが、参加者のみなさんをご案内しました。

P1060503_tori.jpg

この日の目標は「野鳥を見つけて、自分の双眼鏡で見ること」。
講師から双眼鏡の使い方の説明を受けると、
早速バードウォッチング開始です。

鳥を探しながら森を歩いていると、コゲラの姿を発見!
高い木の幹をひょこひょこと登り、時折とまっては幹をコツコツとつつくコゲラ。
スズメくらいの小さなキツツキです。

「どこどこ?」と探すみなさんに向けて、講師から
「まずは肉眼で探してから、双眼鏡で見ましょう」とアドバイス。

時間をかけて探していると、だんだんと、
「いたいたー」「見つけた」「かわいいね」
などの歓声があがるようになりました。
コゲラも、しばらくの間、同じ木の周りで
登ったり、つついたりを繰り返していたので、姿がとらえやすく、
全員でじっくり観察することが出来ました。

P1060511.JPG

ほかにも、シジュウカラ、メジロ、エナガといった
林の小鳥たちのかわいいしぐさを満喫しました。

最初は、双眼鏡の使い方にまだ慣れていなかった方も、
だんだんと双眼鏡で野鳥を観察することができるにようなりました。

P1060522.JPG

バードウォッチングの後は、日本野鳥の会の事務所に移動し、
あたたかな室内で、簡単なレクチャー。

P1060526.JPG

講師と一緒に、見られた鳥を写真で確認したり、
みなさんからの質問にお答えしたりしました。

終わった後には、ある参加者の方から、
「この後も、林試の森公園に行って、バードウォッチングをしてきます!」
という、頼もしい反響もありました。

このイベントが、参加者のみなさんにとって、
バードウォッチングを始める・つづけるきっかけになれば嬉しいです。

posted by 野鳥ひなこ at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする