2017年11月09日

今月の鳥「ハマシギ」

日本野鳥の会が発行するワイルドバード・カレンダーに
掲載されている野鳥について紹介します。

今月の鳥「ハマシギ」
11月ハマシギ.JPG
撮影者:高橋良直 撮影地:北海道小樽市

シギチドリの仲間で、ロシアやアラスカ等で繁殖し、
日本や中国、東南アジア等で冬を過ごす渡り鳥です。

日本には、春と秋冬になると、海辺や干潟などで見る
ことができます。

毎年行われている調査(モニタリングサイト1000
シギチドリ類調査)で、毎年、シギチドリ類の中で確認
される個体数が一番多い種です。


カレンダーの写真は冬羽ですが、
夏羽のハマシギは、お腹の辺りが黒くなります。

私がこの鳥に初めて出会ったのはバードウォッチングを
始めた大学時代。先輩たちに干潟に連れていかれ、
夏羽のハマシギを見つけると、
先輩が「海苔弁いたぞ!」と言っていたことを
覚えています。

お腹に「海苔」をつけているように見えるので、
まさに「海苔弁当」そのものでした。
なので、バードウォッチング初心者の私でも
すぐに覚えることができた種です。


ハマシギは、集団で泥の中をつつきながら、
一定方向に移動しながら餌をとります。

近くで観察したり写真を撮りたい方は、
まずは遠くから移動している方向を見極め、
その方向に先回りしてしゃがんで待っていると、
ハマシギの方から近づいてきます。
うまくいくと、ハマシギに囲まれ、
とても幸せな時間を過ごすことができます。

ぜひ、お試しください。


皆様からご応募いただいた写真の中から厳選して作る
日本野鳥の会ワイルドバード・カレンダー。
2018年版は好評発売中です。

http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/cal1/gd3741

posted by 野鳥ひなこ at 09:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする