2017年06月21日

三宅島トコロジスト養成講座のご報告

6月16、17日は三宅島トコロジスト養成講座(三宅村教育委員会主催)のため、
三宅島に出張していました。
この講座も今年度で3年目。
三宅島は、2000年噴火とその後の5年間の全島避難によって、
噴火前の島の暮らしの記憶が消えかかっています。
これからの島の未来を描くためにもう一度島の記憶を掘り起こそう
という趣旨で、2015年から三宅島トコロジスト養成講座がはじまりました。
(トコロジストとは、場所の専門家という意味。)

CIMG8696.JPG

今年度は、伊ケ谷地区がフィールドです。
みんなが関心を持っている「食」を切り口にしようということで、
三宅島の郷土料理にもよく使われる「ニガタケ」をテーマに
することにしました。

三宅島では、畑の周りにはニガタケが生えてきます。
アシタバもそうですがニガタケも島の中ではいたる所に生えてくる食材です。
6月はそのニガタケの旬の季節。
島の人たちは、どんなところで採取してどんな調理をして食べているのでしょうか?

6月16日に伊ケ谷コミュニティセンターに参加者の有志が集まり、
伊ケ谷老人会の皆さんにご指導をいただいて、
ニガタケの採取と下ごしらえを体験させていただきました。
まずは段ボール一杯のニガタケの皮むきです。
簡単なようですが、先端をポキっと折り、指でくるくるっと巻き付けて
皮をむくところがなかなかうまくいきません。
老人会の皆さんは僕たちの三倍くらいのスピードで皮をむき、
あっという間に段ボールが空になりました。
今回の調理方法は、醤油の煮物、酢みそ和え、塩辛和えの3種類の方法で
調理していただくことになりました。

CIMG8718.JPG

翌17日、講座の参加者が集まり、前日に下ごしらえしたニガタケ料理を
いただきます。
本土で食べる孟宗竹のタケノコと違って、ほんのりとした苦みが
大きな特徴です。

煮物、酢みそ和え、塩辛和えと味わってみると、本当に味わい深い。
しかも調理方法を変えるだけで本当に同じタケノコなのかと思うくらい
全く違う味になってしまうことにあらためて驚かされます。
ニガタケ料理をいただきながら、お話ししていると、
採ってくる場所、調理方法、子どものころの思い出など
ニガタケにまつわるいろんな話が飛び出してきて、
本当に賑やで楽しい試食会となりました。

CIMG8707.JPG

その後、あと半年くらいかけてニガタケのどんなことを調べるのか、
講座の参加者の皆さんと今後のことについて話し合いました。
その結果
「ニガタケはどんな場所に生えていて、どこで採取しているのか?」
を調べるグループと、
「伊ケ谷地区では、どんな調理方法があるのか」
を調べるグループに分かれました。
調べているうちに多少変わってくるかもしれませんが、
とりあえず7月からはこの二つのテーマでの活動がはじまります。
冬には、いつものように地域の人たちを招待して、
調べた結果の報告会を開きます。
どんな結果になるかとても楽しみです。


posted by 野鳥ひなこ at 10:18| トコロジスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする