2017年04月28日

野鳥の子育て応援キャンペーン ポスター配布中です!

先日、通勤中に頭上から鳥の声が聞こえてきたので見上げてみると、
電信柱の変圧器の下にスズメが一羽とまっていました。
そのまま見ていると、スズメはするっと変圧器の中へ。
きっと、そこに巣を作ろうとしているのでしょう。

春から夏は、多くの野鳥たちの子育ての季節。
スズメの他にも、シジュウカラ、メジロやヒヨドリなど、
私達の身近な場所でも多くの鳥たちが巣を作ります。

卵からかえり、2-3週間たつと、ヒナは親鳥と同じくらいの
大きさまで育ち、巣立ちます。
巣立った後、ヒナたちは、親鳥と一緒に行動しながら、
餌のとり方や危険の回避の仕方などを学んでいくのです。

そんなとき、まだ上手に飛べないヒナは、地面に降りてしまうこともあります。
人から見ると、「地面に落ちているヒナ」と見えるかもしれませんが、
そばで親鳥がみまもっていることがあります。
われわれ人は、そっとその場を離れることをおすすめします。

「巣立った後のヒナはひろわないでそのままに」
このことを多くの方に伝えたいと、
日本鳥類保護連盟、野生動物救護獣医師協会と当会は、
毎年ポスターをつくって、みなさんに広く呼びかけています。

今年のポスターの主役は、メジロのヒナ!

ヒナポス2017_B3_low.jpg

B3判(約52×35p)のポスターです。
掲示にご協力いただける方には、無料でお届けします。
くわしくは、こちらのページをご覧ください。

野鳥の子育て応援キャンペーン
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします

※巣立ち前に巣から落ちたヒナについては、
もし、巣の位置が分かる場合は巣に戻す、
ほおっておけない場合は、都道府県の鳥獣保護担当の方へ連絡するなどの
対応もあります。こちらもあわせてご覧ください。
http://www.birdfan.net/about/faq/find_hina.html

posted by 野鳥ひなこ at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする