2017年02月21日

探鳥会のアンケート結果から考えたこと〜大学生のインターン日誌D

こんにちは!桜美林大学のインターシップ生のKです!

先週15日に西五反田事務所での研修を終え、
今回のインターンシップを無事に終了することができました。

最終日は、2つの探鳥会のアンケート集計を行いました。
2月12日に行われた東京港野鳥公園での探鳥会と、
私も参加した2月11日 横浜 山下公園での探鳥会です。

東京港野鳥公園の探鳥会では、参加したきっかけなどを
自由記述式のアンケートで取っていました。
アンケート結果をパソコンで打ち込んでいく中で、
前から気になっていた参加者の探鳥会への印象を知ることができました。

探鳥会に足を運んだきっかけとして様々な理由が寄せられた中、
特に多く見られたのは、
「友人や家族が紹介してくれたから」
「近所で見た野鳥が気になっていたから」
の2点でした。
生活における身近なきっかけによって、イベントに参加してくださる方が多いのですね。

探鳥会に参加した感想には、「面白かった」「ガイドの方が親切だった」
「気になっていた鳥の名前がわかって、(あるいは見られて)よかったです」
といった言葉が特に多く見られ、好評だったことがわかりました。

P1060236.JPG

ここで、私の中に浮かんだことがありました。
それは、「参加した人がどのように周りの人に伝えるか」という点です。
リーダーズフォーラムや探鳥会に参加した事で、本部と各支部が、
多くの人に探鳥会を楽しんでいただく為に努力していることがわかりました。
そして、アンケートや当日の様子からもわかるように、
実際に探鳥会を楽しまれている方は多数いらっしゃいます。
参加された後、「その思い出をどのように持ち帰っていただくか」も
重要なのではないかと思ったのです。

鳥や自然が好きで探鳥会にも参加しても、
「周りの人も誘いたいけど、鳥が好きではない人と一緒に行くのは難しい」
と悩んでいる方もいらっしゃると思います。
そんな時に、実際に参加してみた人の視点から
「探鳥会に行ってみたら、こんなところがよかった」
と探鳥会の様子がわかると
「本当に?私も行こうかなあ」
と気軽に参加する人が増えていくと思います。
家族や友人との何気ない会話から、関心の輪が広がっていくのではないでしょうか。

探鳥会で得た思い出を持ち帰りやすくなるような試みがあると更に良いのかな?
というのが、今回、私が考えたことでした。

次回、6日間のインターンシップで学んだことや印象に残ったことを投稿し、
最後とさせていただきます。


posted by 野鳥ひなこ at 11:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする