2017年02月15日

山下公園探鳥会に参加〜大学生のインターン日誌C

こんにちは! 桜美林大学のインターンシップ生のKです。

2月11日土曜日に、日本野鳥の会神奈川支部が開催した
山下公園(横浜市)の探鳥会に参加してまいりました!
「探鳥会」とは一体どんなイベントなのか? 
バードウォッチング自体も初めての経験であったため、
とても気になっていました。

今回の探鳥会は、9:15~10:30までの回と、10:45~12:00までの回が、
2回行われました。
時間に選択肢があり、より足を運びやすいと思いました。

2グループに分かれ、スタート!
陸ではおなじみのドバト、スズメ、ムクドリや、ヒヨドリ、シロハラなど。
海ではスズガモ、ユリカモメ、上空で旋回するトビや飛んでいるカワウなどを
見ることができました。

IMG_0305.JPG

園内に芝生や木といった緑が多いことで、ハトやスズメが休んだり、
餌を食べる様子を近くで見ることができ、
また海の水が澄んでいることで、スズガモが潜水して餌の貝を取る様子などを
肉眼で見ることができました。

自然を残すことで、都市部でもこうした動物の生態を
観察することができるのだと感じました。
身近な場所で、鳥を観察できる楽しさを知っていただくことから、
山や干潟などで本格的に野鳥を楽しむきっかけができないだろうかと
今回は新たに考えました。

公園を一周して戻ってくると、「ひな鳥会員」なる制度の案内がありました。
ひな鳥会員とは?本格的な会員ではありませんが、
1000円で半年間仮の会員になれるという手軽な制度のことのようです。
・神奈川支部のひな鳥会員制度
http://kanagawasib1.blogspot.jp/2012/12/blog-post_6663.html
何より1000円という手軽な値段設定が画期的な印象を受けました!

実際にその場でひな鳥になられた方が2回合わせて10名以上いらっしゃいました。
1人でも多くの方がそこから成鳥(正会員)になられるように
今後もバードウォッチングを楽しんでもらえると良いなと願います。

初めて参加した今回の探鳥会では、鳥だけでなく
周りの環境にも同時に目を向けられたとても良い機会となりました。
「都心部に残された自然」の大切さも含め、
大学での自然環境についての学びにも活かせられるようにしたいです。

本日15日水曜日が、インターンシップ最終日です!
場所は、初日と同じ西五反田事務所。
今までの5日間という短い日数で得たたくさんの体験、学び、ご縁を振り返り、
これからの学習などに進むためのステップアップの1日にできたらと思います。



posted by 野鳥ひなこ at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする