2017年01月25日

バードウォッチング講座を見学〜大学生のインターン日誌A

桜美林大学のインターンシップ生、Kです!

1月22日(日)に、
日本野鳥の会奥多摩支部が講師をつとめた
「始めてみませんか?バードウォッチング in奥多摩むかし道」の
講座を見学してまいりました。

好日山荘 池袋西口店(登山用品・アウトドア用品の専門店)にて開催。
「鳥とはどのような生き物か」「奥多摩むかし道にはどんな鳥がいるのか」
の2点について、計1時間半の大変充実した講座でした。

前半の講座では、
「鳥だけがもつ特徴といったら?」という問いかけがあり、
くちばしを持つ、卵を産む、空を飛ぶ、などの代表的な特徴のうち、
鳥類唯一の特徴は“羽毛を持つ”のみであることが紹介されました。
食べる餌の種類によって「くちばし」の形状が異なる、といった、
体の特徴についての話もあり、
私もほぼ毎日見かける生き物の鳥ですが、
新たな気付きがたくさんありました。

また、野鳥を探すにはまず”鳴き声”を手掛かりにするという
バードウォッチングを楽しむための方法も教えていただきました。

DSCN3133.JPG

後半の講座では、
奥多摩むかし道で見ることができる、
大小異なる20種類以上の鳥について紹介されました。
奥多摩むかし道で行われている探鳥会の様子と併せ
特徴を1種類ずつ、写真と鳴き声の音声を用いて紹介していただきました、が、
似ている鳴き声もたくさんあって、実際に山で見つけたり
見分けるのは難しそうだなあ〜という印象でした…!^^;

実際に何度もフィールドに出て鳥の鳴き声を聴き、見つけ、
それらを一般の方々に伝えているスタッフの方々の
経験の豊富さ、熱量に改めて感服しました!すごい……!

奥多摩支部では、各地で定期的に探鳥会を開催しているようです。
その場所によって、どんな鳥が見られるのかの違いを知るのも面白そうですね!
・奥多摩支部の探鳥会情報はこちらから→
http://wbsj-okutama.com/tanchoukai.shtml

野鳥について楽しく新たな学びに出会えた講座でした。


私は次回、28日から29日にかけて、
八王子市にて開催される「探鳥会リーダーズフォーラム」に参加いたします。
探鳥会の運営に関わるリーダーが集まって、議論や交流をする場とのこと。
どんなフォーラムで、どのようなことに触れることができる機会なのか楽しみです!


posted by 野鳥ひなこ at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする