2017年01月24日

1/21「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」

東京港野鳥公園(東京都大田区)で、
1月21日(土)に「東京港野鳥公園ではじめてのバードウォッチング」
を開催しました。
当日は、寒波が押し寄せる寒い日となりましたが、天気は快晴。
園内から、青空を背景にした富士山がきれいに見えました。

参加された方にお話をうかがってみると…
「一人では、野鳥をみつけられなくて…」
「双眼鏡を使ったことがなくて…」
「見つけても何の鳥かよく分からないので…」
など、バードウォッチングのお悩みをお持ちの方々。

そんなみなさんを案内するのは、日本野鳥の会東京のリーダー。
長年この公園で探鳥会を行っている頼もしいリーダーたちです。

前半は、園内の東淡水池で、
冬を日本で過ごすカモの仲間を観察しました。

P1060203.JPG

カモの仲間は、開けた水面にいることが多く、
動きが少ないので、初めての方にも見やすい種類です。

まずは、リーダーたちが望遠鏡で鳥がよく見えるようにセッティング。
望遠鏡で見て、いる場所が分かったら、自分の双眼鏡で思い思いに鳥を見つけました。
慣れてくると、種による模様の違いや、目の色など細部をじっくり観察する参加者も。

kinkuro_seko.jpg

キンクロハジロ↑の目の色や頭の飾り羽のよく見えました。

また、カモを見ていると、その周りでカモとは違った動きをする野鳥が
目に入ります。カイツブリやオオバンです。
こちらも池の上にいるのでみつけやすい野鳥たちです。
カイツブリは、もぐって魚等を捕まえる鳥。
ちょっと目を離したすきにもぐってしまい、見失うと、
かなり離れた水面に姿を現すので、どこに出てくるかを予想しながら観察しました。

その後も、タカの仲間のノスリ、
草むらを出たり入ったりするジョウビタキ、モズなどをリーダーが次々に発見。

「あの台形の形の岩の右側の…」など具体的にいる場所を教えてもらいながら、
バードウォッチングは初めてという方も、
自分で双眼鏡の視野に野鳥をいれ、観察されていました。

P1060208.JPG

P1060212.JPG

最後に、その日に見られた野鳥を全員で確認したところ、
20種の野鳥がみられたことが分かりました。

このように、ビギナー向け探鳥会では、
野鳥に詳しいリーダーが丁寧にご案内しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。
1月・2月に開催予定のイベントもありますので、ぜひご参加ください。

⇒(関東)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kanto/
⇒(近畿)http://www.wbsj.org/activity/event/beginners-event/be2016-kinki/

また、日本野鳥の会 東京では、都内各地で毎月探鳥会を開催しています。
こちらもどうぞご参加ください。
http://tokyo-birders.way-nifty.com/blog/2/index.html

posted by 野鳥ひなこ at 16:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする