2018年01月12日

今月の鳥「オオマシコ」

日本野鳥の会が発行する「ワイルドバード・カレンダー」に
掲載されている野鳥について紹介します。

2018年1月の鳥は「オオマシコ」です。

1月_オオマシコ.jpg
撮影:井坂 瑞  撮影地:長野県上伊那郡

霧氷の中にたたずむ赤く美しい鳥はオオマシコ。
ロシアで繁殖し、冬季は主にモンゴル・中国東部や朝鮮半島で冬を越す渡り鳥です。
東日本では冬の間に山間部の林でまれに見ることができますが、西日本や東日本の低地ではなかなか目にすることはできません。
雄の成鳥は写真のように鮮やかな紅色を身にまとい「憧れの野鳥」と出会いを夢見る
バードウォッチャーも多い人気の野鳥です。

数多くの野鳥観察経験のある日本野鳥の会Fレンジャーも、オオマシコにあこがれ、やっと観察できたその一人。Fレンジャーにオオマシコと出会ったときの感想をインタビューしました。

オオマシコを観察する前のイメージは?
「若いころから赤い鳥が好きで、ベニマシコ、ハギマシコ、ベニヒワ、イスカには出会えましたが、その後幾度となく雪山の中で挑戦するも、深紅色のオオマシコにはなかなか出会えませんでした。深紅色の堂々とした姿をこの目で実際に見てみたかった。」

念願の観察ができたときの感想は?
「長野県の雪山の中で念願のオオマシコ雄にやっと出会えました。雲ひとつない冬空の下、一面真っ白な山道沿いに数羽のオオマシコの群れがヤマハギの実を食べていました。大きく真っ赤な姿は、銀世界の中に際立っていました!」
憧れの存在だったせいか、出会いの感動もひとしおだったようですね。ちなみに私もこの冬にオオマシコとの出会いを求めて秩父に行ってきましたが、あっけなく振られてしまいました・・・
数多くのバードウォッチャーを魅了するオオマシコ。あなたの憧れの野鳥はなんでしょうか?
***

皆様からご応募いただいた写真の中から厳選して作る
日本野鳥の会ワイルドバード・カレンダー。
2018年版は好評発売中です。
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/cal1/gd3741
webWBカレンダー表紙.jpg
posted by 野鳥ひなこ at 12:54| 今月の鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする