2017年02月22日

6日間の研修を終えて〜大学生のインターン日誌E

桜美林大学のインターシップ生のKです!

1/18から始まり、計6日間の短いインターンシープでしたが、
一回一回に学ぶことがとても大きく新鮮でした。
おのずと考えさせられたり、たくさんの考え方を得ることができました。

今回の日本野鳥の会でのインターンシップで学んだこと、
印象を受けたことは、特に以下の3点です。

・最初から野鳥に詳しくないと職員になれないのかと思っていたが、
 全員が全員そうだということではなかった。
 (編集やウェブなど技術的な部署もあり、活動を通して鳥を知ろうと
  努める方々もいらっしゃった)

・会員、一般の方、各支部といった幅広い人々への
 「伝え方」が大切だということ。
 (どうやって活動を知ってもらうかなどの方法、
  些細な言葉の使い方やニュアンスなど)

・探鳥会を開催されている支部の方々はボランティアで、
 普段は別に本職があるということ。

私も来年度、今回のインターンシップについて
大学の後輩の代に向けて発表をする機会があります。
その時に向けて、「どのように伝えるか」をよく考え、
インターンシップで学べることの大きさを知ってもらうつもりです。

今回のインターンシップでは野外での体験的な研修が多かったため、
実際に目で見たことや話を聞いたことの一つ一つが強く印象に残りました。
また、たくさんの社会経験を得る機会だったとも思っています。

貴重な時間を割いて、6日間ご指導してくださった本部普及室の皆さま、
リーダーズフォーラムで幅広い知見を得る機会をくださった各支部の皆さまに
心より感謝を申し上げたいと思います。

そして、慣れない拙い文章ではありましたが、
私の記事を読んでくださりありがとうございました!


posted by 野鳥ひなこ at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする