2015年11月12日

第17回台北インターナショナルバードウォッチングフェア』に出展しました

 10月24日〜25日台湾台北市の関渡自然公園で開催された『第17回台北インターナショナルバードウォッチングフェア』に出展してきました。
 当日は、台湾各都市の野鳥関連の16団体とシンガポール、フィリピン、タイ、マレーシア、中国、日本の海外の6カ国11団体が参加しました。展示や物販などバラエティに富んだ内容が行われ、多くの来場者で園内は熱気に溢れていました。

DSCN2055.JPG

 台湾でも当会のバードウォッチング長靴は大人気で、ブース設営前から購入希望者が待っているほどでした。用意した38足は初日に2足を残して全て完売。購入出来なかった来場者の方々から来年はもっとたくさん持ってきて欲しいとの要望をいただくほどの盛況ぶりでした。
 イベントでは、台湾の国鳥ヤマムスメをモチーフとしたゆるキャラがいたり、海外の団体のブースでは可愛い鳥のグッズが販売されていて、見てまわるだけでもとっても楽しいイベントでした。

DSC_0570.jpg
posted by 野鳥ひなこ at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

10/17葛西臨海公園でバードウォッチングの会を開催しました

10/17に、江戸川区の葛西臨海公園で、
バードウォッチングの会を開催しました。
講師は、当会理事で、野鳥の声・江戸の野鳥などを研究している、
松田道生さんです。

この日は生憎の天気であったため、
鳥類園ウォッチングセンターのレクチャールームにて
松田さんに野鳥の話やバードウォッチングの楽しみ方について
講演していただきました。
P1050431.JPG
「鳥はどこにでもいつでもいるもの、鳥はいると思うこと」
といことで、ウォッチングセンターに来るまでに見かけた野鳥を
参加者の皆さんであげていきました。
徒歩15分もかかっていませんが、モズ、オナガ、ムクドリ、キジバトなど
思っていた以上に多くの野鳥が見られることがわかりました。

また、鳥の見つけ方について、声による発見が70%で耳も有効に使う
ことが大切という説明がありました。
また、鳥の見分け方については季節、地域、環境で、かなり絞り込めることなどの説明がありました。
P1050437.JPG
その後、雨がやんだこともあり松田さんに教えていただいたことを
活かしてのバードウォチングの開始です。
ウォッチングセンター側の淡水池では
ヨシゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カイツブリ、コガモ、カワセミ
などが観察することが出来ました。
また、海側ではミサゴ、ウミネコ、ユリカモメ、カワウなどを観察することが
出来ました。

みなさんからは、
『楽しかった』
という感想とともに、
『バードウォッチングの基本を教えてもらえて良かった』
と話されていた方もいました。

この会をきっかけに、さらに野鳥や自然に興味を持っていただければと考えております。


posted by 野鳥ひなこ at 18:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする