2020年02月17日

パートスタッフ募集のおしらせ

ただいま、普及室で一緒に働いてくださるパートスタッフを募集しています。

日本野鳥の会は、野鳥の保護を通して自然環境を守るために活動する
自然保護団体です。

全国各地の会員が組織する87の支部が、
年約3千回の探鳥会(野鳥観察会)を開催し、
野鳥や自然保護に関心を持つ人を増やす活動に取り組んでいます。

IMG_3.JPG
▲探鳥会の様子。全国各地で年間のべ7万人あまりの方々が
 バードウォッチングを楽しむイベントです。

普及室では、そんな全国の支部の活動をサポートするため、
支部からの問い合わせ対応、探鳥会を広報するパンフレットの編集補助、
必要な資材の発送などの業務を担うスタッフを募集しています。

日々さまざまな方々とコミュニケーションをとりながら、
多くの方に野鳥とふれあう機会を提供し、
野鳥や自然を大切に思う人を増やすためのお仕事です。

野鳥に関する専門知識は不問。
みなさまのご応募をお待ちしております。

日本野鳥の会_修正.jpg
▲普及室のメンバーです。

=====

<勤務条件>
・職務内容:メール・電話対応、印刷物編集補助、資料の発送、データ入力など事務作業
      ワード、エクセルなど基本的なパソコンの操作が必要です。
・勤務開始:2020年4月(予定)
・勤務地:品川区西五反田3-9-23 丸和ビル
      (東急目黒線不動前駅より徒歩5分)
     http://www.wbsj.org/about-us/summary/office/
・時給:1,020円+交通費規定支給
・時間・日数: 月〜金のうち週3〜4日程度、9:30〜17:30
      ※勤務日数・勤務時間応相談
      ※イベント等で土日祝出勤の場合もあり 
・社会保険完備(勤務時間によります)

<応募方法と面接>
 ご応募いただける方は 以下住所に履歴書(写真貼付)をお送りください。
 3月2日(月)【必着】です。
 面接につきましては、こちらからご連絡いたします(3月上旬予定)。

<業務説明会>
 当会の概要や業務内容についての説明会を開きます。
 実際の職場をご覧いただき、ご質問もお受けします。

 日時:@2020年2月21日(金)A2月26日(水)各日13〜14時頃
 場所:日本野鳥の会 西五反田事務所3F(勤務地と同じ)
    http://www.wbsj.org/about-us/summary/office/

 ※応募いただくにあたって、説明会の参加は必須ではありません。


<そのほか>
 個別にメールや電話でご質問をお受け致しますので、
 下記までお気軽にお問合せください。

=====
<お問合せ・履歴書送付先>

公益財団法人 日本野鳥の会 普及室 普及教育グループ
担当 江面(エヅラ)

〒141-0031東京都品川区西五反田3-9-23丸和ビル
TEL:03-5436-2622(平日10:00〜17:00)
e-mail:f-saiyo2020@wbsj.org
=====
★公益財団法人日本野鳥の会の活動はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.wbsj.org/index.html
posted by 野鳥ひなこ at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

2/15「はじめてのバードウォッチング講座」は予定通り開催します

2/15「はじめてのバードウォッチング講座」にご参加の皆さまへ

明日2月15日(土)の当会普及室主催の「はじめてのバードウォッチング講座」は、
予定通り開催いたします。

皆さまにお会いできることを、楽しみにお待ちしています。


公益財団法人 日本野鳥の会 普及室
普及教育グループ

posted by 野鳥ひなこ at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月の鳥「ジョウビタキ」

日本野鳥の会が発行するワイルドバード・カレンダー
掲載されている野鳥について紹介します。
2月の鳥は、ジョウビタキです。

ジョウビタキ_02.jpg

ジョウビタキは2019年に寄付つきピンバッジ・バードメイトにも
選ばれた野鳥で、オスとメスともにファンが多い鳥です。

名前の由来は、オスの柄が白髪の翁(おきな)に
似ているため、ジョウビタキ(尉鶲)という名前になった…という説が有名。
写真のようにオスは腹の橙色、顔の黒色が目立ちますが、
メスは対照的に全体が灰褐色で落ち着いているのが特徴です。

以前は、秋に中国の東北部やチベット、朝鮮半島、ロシア沿海部で繁殖し、
10月下旬ごろに日本へ渡ってくる冬鳥…とみられてきましたが、
最近は日本でも繁殖するケースが記録されていて、
生息範囲に変化がでてきているようです。

かくいう私も、7月にジョウビタキに出会えたことがありました。
山梨県の山腹にて、車内で休憩がてら昼ご飯を
とっていたところ、数メートル先の塀の上に1羽フッと現れたのです。
もし、そこで窓を開けて耳を澄ませていたら
ジョウビタキの囀りを聞けた可能性もありましたが、
残念ながら窓を閉じていたので聞き逃してしまいました。

皆さんは今冬にジョウビタキに出会えたでしょうか?
3月に入ると、ジョウビタキは徐々に日本を後に旅立っていきます。
立春も過ぎ、観察時期は残りわずかですが
「ヒッヒッ」「カッカッ」という鳴き声をたよりに、
ぜひ見つけてみてください。

以上、スタッフFでした。
posted by 野鳥ひなこ at 10:48| 今月の鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする