2017年06月28日

「ツバメが巣を作った」

みなさん、こんにちは。
前回より少し間が空いてしまいごめんなさい。

さて、ツバメのヒナたちが、いよいよ巣立つ時期になりましたね。
きっとみなさんも、ちょっと足を止めて
「ん?何羽いる?イチ、ニ、サン・・・」と、巣を見上げているのでは?

最後にツバメのねぐら観察会についてのお知らせもあります!

---------------------------------------------------------------------

「ツバメが巣を作った---B酒屋さんとツバメと…」

“ ツバメがね、来ることを楽しんでもらいたいなぁ ”


今回、ツバメが巣を作ったのは東京と神奈川を流れる多摩川の中流くらい、
JR南武線沿いにある、酒屋さんの軒先です。

IMG_3204.JPG

「ちぃーさい身体で、ちょっとの泥を運んでさ、一生懸命作るの。見捨てられないよ・・・」

と語るのは、酒屋のFUJIYAさん。

「毎年、2回作るかなぁ…。お店の前と裏ね。」

駅前にあるお店は道路に面しています。
通勤や通学の方が朝夕はひっきりなしに通り過ぎ、自動車も多く通る場所です。

IMG_3342.JPG

「ツバメの巣が出来ると、昼間には近くの保育園の子が見に来たりするしね〜。」

ご主人は目を細めてうれしそうに言います。

「食品を扱うお店だからってわけじゃないけど、毎朝、店の前も(フンや羽を)掃除をして、
きれいにしているの。
あと、いつもなら開けちゃうけど、日よけをそのままにしておいたり、
夜は、ツバメが止まる場所の電灯は消したりね。」

IMG_3206.JPG

ツバメが巣を作るこの時期は、日常の習慣にもひと手間加えているようです。

「でもね、去年、目の前でツバメのヒナがチョウゲンボウに持ってかれたの!!
もう、びっくりしちゃってさぁ。
足が太くてびっくりだよ。あんなの初めて見たよ!!何年もツバメの巣を見て来て、初めてだよ!」

と、その時の状況を興奮気味に話してくれました。

「チョウゲンボウがね、巣の前でホバリング(※)して、1羽ずつ持ってくんだよ…。やんなっちゃうよ〜」
※空中で停止飛行すること

「でもさ、彼ら(チョウゲンボウ)も生きて行かなきゃいけないから、ちょうど同じように子育てしているだろうから…
悪いとかそう言うことじゃなくて…」

「街で狩りって言うのかな? それをするって、彼らも住む場所が変わってるってことだと思うし…」

と、少しさみしそうに話します。

「自然とはそういうもの!」

ご主人はそう言いながらも、ツバメの巣を守る為にあれこれ策を練っていると、
倉庫からお手製の防護柵を持って来て見せてくれました。

「去年の件があまりにも目に焼き付いていて、衝撃的でね。何も出来なくて…無力だったね。」

ご主人はその時に巣があった場所をじっと見ます。

「色々考えたよ。大きさとか高さとか。ホームセンターで色々買って来て考えるの。」

image1.JPG

IMG_3341.JPG

ツバメの巣を守るための工夫を楽しそうに、真面目に、そして熱心に話してくれたご主人。

「ツバメがね、来ることを楽しんでもらいたいなぁ」

今年は、去年と違う場所に巣を作っていたので、この防護柵の出番はまだなさそうです。


「私は、ずーっとここらの育ち。登戸と稲田堤(神奈川県川崎市)へ小中と通っていたの。
ここらはね、畑ばっかりだった。梨畑とかね。まだ少し、残っているけど減ったね。
13年前に道路の整備でうちも入り口の向きが変わったりして。」

生まれ育った街の変化を感じつつ、毎年やって来るツバメに優しい眼差しを向けます。


「どこも安くモノとかを売っているでしょ?
もちろんみんな安く買いたいとは思うからなんだけど、それって中間の誰かが我慢したり、
削られたりしているんじゃないかなって思うわけよ。難しいことだよ。」

昨年の巣で、身近な自然界の厳しい現実を見たご主人は、ツバメの巣を守ろうとすることも決してノスタルジックな感情からだけではないと言い、言葉を続けました。

「人間関係だってそう、ギスギスして、他人に興味が無いとか、自分だけがよければいい風潮とか…
他のことへのちょっとした優しさが、少し見えなくなって来ているよね。
そんな最近の事を思い始めたら、昔は良かった・・・って言いたくなる時もあるね。」

昔からわたしたちの身近にいるツバメ。
みなさんのちょっとした優しさに助けられています。
便利で快適な暮らしをしている今だからこそ、失ってはいけない風景があると、
わたしたちは気付いているはずです。

****************************************

みなさんは 「ツバメのねぐら」 ってご存知ですか?
この酒屋のFUJIYAさんの近くを流れる多摩川にも「ねぐら」はあります。
今、ちょうどツバメたちは子育て真っ最中。
巣立った子ツバメたちや、子育てを終えた親ツバメたちは、秋ごろの渡りのための準備をします。
昼間は市街地周辺で過ごし、夜になると近隣の河川敷などに集結して休むのです。
それが 「ツバメのねぐら」 です。
日本野鳥の会では、そのツバメのねぐらをまとめた「ツバメのねぐらマップ」を
お配りしています!
ご興味のある方はぜひ、下記のリンクからお申込み下さい。
https://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/supervisor-and-lending/swallow-roost-map/

また、各地の支部で「ツバメのねぐら入り観察会」も行っています。
詳しくはこちら!
https://www.wbsj.org/activity/event/swallow-roost-observation/

野鳥の観察会としては珍しい、夜の観察会です。

ぜひ!いらして下さいね。
きっと、色んな軒先で生まれ育った子ツバメたちも集結しているでしょう!

****************************************












posted by 野鳥ひなこ at 11:29| ツバメ2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

紙芝居『わたしのことり』を上演してみませんか?

6月は、野鳥のヒナが独り立ちの準備をする季節。
私たちの身近な所でも、まだうまく飛べないヒナに出会うことがあります。

巣立った後のヒナは、しばらくの間、
親鳥と一緒に行動しながら、自然のなかで生きていく方法を学んでいます。
まだうまく飛べないヒナに出会っても、
近くに親鳥が見守っていることがあるので、
私たち人間は、そっとその場を離れることをおすすめしています。

そのことを多くの方に伝えていきたいと、
当会では紙芝居『わたしのことり』を制作し、ご活用いただける方に寄贈しています。

kamishibai.jpg

今年5月には、お達者倶楽部「小手指カフェ2丁目店」で紙芝居を上演していただきました。
ありがとうございました。とっても楽しそうな上演の様子をおしえていただきましたよ!
https://www.facebook.com/casseroleeditor2/posts/1552174378126067

学校、保育園や幼稚園、読み聞かせグループなど、
ご活用いただける団体にお送りします。
申込方法はこちらのページをご覧ください。
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/hina-book/

また、団体ではないけれど、お友達同士の集まりなどで使ってみたいという方には、
貸出もいたします。
nature@wbsj.org までご相談ください。

DSC_4452.JPG

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。



posted by 野鳥ひなこ at 16:19| 紙芝居「わたしのことり」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

三宅島トコロジスト養成講座のご報告

6月16、17日は三宅島トコロジスト養成講座(三宅村教育委員会主催)のため、
三宅島に出張していました。
この講座も今年度で3年目。
三宅島は、2000年噴火とその後の5年間の全島避難によって、
噴火前の島の暮らしの記憶が消えかかっています。
これからの島の未来を描くためにもう一度島の記憶を掘り起こそう
という趣旨で、2015年から三宅島トコロジスト養成講座がはじまりました。
(トコロジストとは、場所の専門家という意味。)

CIMG8696.JPG

今年度は、伊ケ谷地区がフィールドです。
みんなが関心を持っている「食」を切り口にしようということで、
三宅島の郷土料理にもよく使われる「ニガタケ」をテーマに
することにしました。

三宅島では、畑の周りにはニガタケが生えてきます。
アシタバもそうですがニガタケも島の中ではいたる所に生えてくる食材です。
6月はそのニガタケの旬の季節。
島の人たちは、どんなところで採取してどんな調理をして食べているのでしょうか?

6月16日に伊ケ谷コミュニティセンターに参加者の有志が集まり、
伊ケ谷老人会の皆さんにご指導をいただいて、
ニガタケの採取と下ごしらえを体験させていただきました。
まずは段ボール一杯のニガタケの皮むきです。
簡単なようですが、先端をポキっと折り、指でくるくるっと巻き付けて
皮をむくところがなかなかうまくいきません。
老人会の皆さんは僕たちの三倍くらいのスピードで皮をむき、
あっという間に段ボールが空になりました。
今回の調理方法は、醤油の煮物、酢みそ和え、塩辛和えの3種類の方法で
調理していただくことになりました。

CIMG8718.JPG

翌17日、講座の参加者が集まり、前日に下ごしらえしたニガタケ料理を
いただきます。
本土で食べる孟宗竹のタケノコと違って、ほんのりとした苦みが
大きな特徴です。

煮物、酢みそ和え、塩辛和えと味わってみると、本当に味わい深い。
しかも調理方法を変えるだけで本当に同じタケノコなのかと思うくらい
全く違う味になってしまうことにあらためて驚かされます。
ニガタケ料理をいただきながら、お話ししていると、
採ってくる場所、調理方法、子どものころの思い出など
ニガタケにまつわるいろんな話が飛び出してきて、
本当に賑やで楽しい試食会となりました。

CIMG8707.JPG

その後、あと半年くらいかけてニガタケのどんなことを調べるのか、
講座の参加者の皆さんと今後のことについて話し合いました。
その結果
「ニガタケはどんな場所に生えていて、どこで採取しているのか?」
を調べるグループと、
「伊ケ谷地区では、どんな調理方法があるのか」
を調べるグループに分かれました。
調べているうちに多少変わってくるかもしれませんが、
とりあえず7月からはこの二つのテーマでの活動がはじまります。
冬には、いつものように地域の人たちを招待して、
調べた結果の報告会を開きます。
どんな結果になるかとても楽しみです。


posted by 野鳥ひなこ at 10:18| トコロジスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする